<< 屁のつっぱり | main | 人格を作るもの >>

善意が通じない相手

 震災の募金箱を盗む輩がアチコチに出没しております。
 人の善意をどう思っているんだー!!!けしからん!

 とニュースを聞いて、最初はプンプン怒ってましたが、
コンビニなんかに行くと中身丸見えの募金箱が無造作に置いてある。
 善意うんぬんを考えるよりも、目の前にお金が放り出されている(に近い)状況に
心動かされたんだろうな〜・・・。

 募金箱は善意の設置だから、善意の人しか寄ってこないと思ったら大間違いだね。
 貯金箱を置いているつもりにならなきゃいけないね。
 お金はお金だ。

 募金箱を見て、あぁ、沢山の善意が入っているな。と思う人もいれば、
ただ、お金が入っている箱にしか見えない人もいる。
 盗人にも三分の理だ。

 それとは別に善意に漬け込んだ詐欺もあるが、コッチの方が悪質だな。
 わざわざやって来た詐欺師に良かれと思って騙された人の悲しみが大きいもの。
 詐欺師には同情はできないね〜。
 厳罰うんねんよりも、人としての情や情けを教育しなおさないといけないね。


 善意の方向に考えが行っていると、悪意の人への対策を忘れてしまうみたいだ。
 疑う事は悪いことではない。

 「万が一」は結構よくある。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://gyouseisyosi.vida.holy.jp/trackback/89

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--