<< 頭に蓋 | main | 私って駄目だな…。 >>

「ありがとう」の効果

 他人さまから嫌〜な感じをうけまして、鬱々とくすぶっております。
 なんとか気持ちを切り替えて、
キレイサッパリ忘れようと雑務に精を出してみたり、
友人に電話を掛けておしゃべりしたりしてみましたが、あと一歩及ばず。
 まだまだ修行が足りませんね。
 
 
 昔「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の著者である、五日市剛さんの講演に行ったことがあります。
 どんなに嫌な出来事が起こっても無理やりでも「ありがとう」と受け止めると、
その後の事態が好転するという、ポジティブな考え方でベストセラーになったお話です。
(読まれた方もいるでしょう)

 思い出したので「ありがとう」と言ってみました。
「ありがとう」は気持ちがささくれていては出てこない言葉で、
言えば本当に気持ちが丸くなるような気がします。
 言葉には「言霊」といって魂が宿るといいますよね。
 今夜は布団の中で念仏のように唱えてみよう。
 明日の朝、このくすぶりが消えていたら「効果がありました」と報告させていただきます。


 さて、ありがとうを言うのはヨシとして、この文章書いていたら
他人に「ありがとう(感謝)」が足りない気がしてきた。
 スーパーのレジの人にも「どうも」じゃなくて「ありがとう」と言いたい。
 でもなかなか言いづらい。(おそらく慣れなんだろうけど)

 上手に「ありがとう」と言うおばあちゃんに会ったりします。
 丁寧にお礼を言われると、コチラがハッピーになります。
 私いつも軽いノリで「ありがとう」ばかり使っているように思います。
 魂のこもった「ありがとう」を明日の朝は息子に言ってみようっと。
 父ちゃんの仏壇にも言っておこうかな。

 受けた人がハッピーになる「ありがとう」の達人もイイよね。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
おはようございますヾ(^▽^)ノ

お仕事お疲れさまです。


“「ありがとう」パワー”

ありますよね。私の曾祖母は百歳を越えても、認知症になっても、骨折して動けなくなっても、亡くなる前までも、必ず両手を合わせて
「ありがとう」
と言っていました。
憎まれもの世にはばかる

なんていいますが、私の曾祖母が長生きしたのは、「ありがとう」の言葉を大事にしてたからじゃないかなぁっとひいき目で思っています(*^_^*)


ちなみに私は、お年寄りの方がよく使う「おおきに」という言葉が特に好きです。
2011/03/10 9:01 AM, from 芝野デス。
こんばんは 芝野さん

 ほほう、「ありがとう」が実は長寿に関係があるかも、とおっしゃるのですね。
 研究者でないのでどうこう言える立場ではないですが、「感謝をする人」=「幸福感が高い人」と思われるので、その人はストレスが少なくて満足した生活が送れるからではないでしょうか?
 私もニコニコしながら手を合わせて「おおきに」と言える、長生きのばーちゃんになりたいです。

 昔どんな悪人でも死ぬときに「いままでありがとう」と言えば人の心理として大抵の罪は許してくれるというような話を聞いた(実際はわからないけれど)。
 だから結構わがままな人生を送っても死ぬときに「ありがとう」の一言さえ忘れなければOKかも?←それほどパワーがあるという意味で。
2011/03/10 11:04 PM, from 母ちゃん









Trackback
url: http://gyouseisyosi.vida.holy.jp/trackback/86

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--