<< 憧れの人 | main | 頭に蓋 >>

ものすごく平凡な「青い鳥」

 昨日は息子の幼稚園で「マラソン&縄跳び大会」がありました。
 練習中はたいした成績を出せなかった息子に期待はしてませんでした。

 いざマラソンが始まったとき、友達のお母さんが大慌てで自分の子どもを保健室に連れて行ってました。
 どうやらスタートしてスグ、こけて鼻血がでたようで、マラソンは棄権となりました。
 成績が伸びてきていたので、お母さんが十位入賞を期待していた中の棄権でした。

 家に帰ってニュースを見ていたら、酔っ払い運転の車に高校生2人がはねられて死亡した報道がありました。


 当たり前だと思い描いている平凡な日常が、思った通りに何事も無く送れるということは、ものすごくラッキーなこと。
 自分たちがものすごく安全な位置にいられる幸せ。
 お互いの顔が見られる幸せ。
 日常生活が退屈と言える幸せ。

 平凡は簡単にバランスが崩れる。
 だから何事も無く平凡で居られるのは一番難しいことなんだ。
 平凡な日々が壊れた時に一番もどって欲しいものも「平凡な日々」。 


 ああ・・・、平凡な日常がありがたい。

 そして今日も平凡な日が送れますように。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 07:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
おひさしぶりです。

息子さんの成績はいかがでしたか?
子供って、ここぞという時に嬉しい裏切りをするか、大はずしをしてくれるもんですが、どちらでしたでしょうか?

青い鳥のたまご?ひな?は、暮らしのあちこちに居てるんだけど、それに気づける余裕というか、やさしさを忘れないでいたいです。
家族の幸せな顔のありがたみを 再認識しました。
2011/02/12 1:10 AM, from えみりん
えみりんさん お久しぶりです。

息子は縄跳び大会で嬉しい裏切りをしてくれました。今回の投稿とは趣旨が違うので結果は披露しませんが。親ばかで嬉しくて涙がでました。

そうですね、「余裕」がなければ青い鳥は見つけることは出来ないでしょうね。必死になれば、焦れば焦るほど遠くに行ってしまうようですね。
今日も余裕を持って発見しましょう!
2011/02/12 8:31 AM, from 母ちゃん









Trackback
url: http://gyouseisyosi.vida.holy.jp/trackback/84

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--