感謝とやる気

 ゴールデンウィークを震災のボランティアに出掛ける人が大勢います。
 頭が下がります。
 今日テレビでそのボランティアの方が言っていた
「お礼を言われると、もっと頑張ろうと思う。」
という意味を考えてみましょう。

 ふつう「お礼」とは、してもらった側の感謝の気持ちを伝える手段だと思っていますよね。
 でも、してあげる側からみれば、「お礼は言われて当然。」という考えもありますが、その次に
「今度も頑張ってあげよう」というモチベーションアップにつながります。
 だから反対にお礼も言われないと「次からはもう何もしてやらん」と思います。

 という事は、単純にとにかくたくさん「ありがとう」と言えばたくさん助けてもらえる訳です。
(ちゃんと心は込めて言ってからの話ですからね。)

 もっと家庭の中で「ありがとう」を増やしましょう。
「してくれて当然!」「あたりまえの事」なんてアナタの只の思い違いです。
 失って知るのでは遅すぎます。
 子供や奥さんや旦那さん、両親にも、とにかく「ありがとう」。

「なんにもしてくれない!」
と文句を言う前に、アナタがお礼を言っていたのか思い出して下さい。
 車輪も動き出す時が一番力が必要です、動き出せば後は楽になります。

 原動力は「ありがとう」+「笑顔」です。
 
 頑張って。

 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 22:33 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

幸せの多数決

 いま、なにか決めかねて困っている事ってありますか?

 以前なにかで知ったのですが、「幸せの多数決」という考え方をご存知ですか?

 いろいろな要因が重なって、自分がどのように決断するべきか迷っている場合に、
「より多くの人が幸せになる方を選択する」というやり方です。

 もちろん自分の幸せを考える事が第一です。
 でも、自分の事はさておき、その他の利害関係までを考えて答えを出さなければならない場合、
どちらかを選択するのはとても迷います。
 勇気がいります。

 そんなときはシンプルに考えてみてください。

「幸せになる人が多いほうはどっち?」

 これなら決めかねている自分は中立でも、答は出ますよね。
(同人数なら「幸せ度を点数」にして合計してみるのもいいかも)


「万人に好かれたい」
「憎まれ役になりたくない」

 誰でもそう思うでしょう。
 私もそうなりたいです。誰とも衝突はしたくない。
 でも、人間関係において八方美人ではいられない場合は多々ありますよね。
「万人に好かれる」ことは現実には無理!
 と開き直るしかないですね。
 
  

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ピンクが好き

 春ですね。
 今日は臼杵の桜が満開でした。
 山桜も美しかったです。(この時期だけ、山にあんなに桜の木があるのを知ることが出来ますね)
 絵に描いてある桜はピンクですが、実際は白っぽいピンク色です。
 
 以前アパレル関係の本を読んだ時、実は洋服選びにおいて、女性よりも男性のほうがピンク色が好きだ。と書いてありました。
 デートで女性が洋服を選ぶ時、女性は水色系の洋服を好むのだが、男性にどちらが似合っているか。という質問をすると、たいていピンクを選ぶそうな。
 ん〜、風水でも部屋のカーテンをピンク色にすれば恋愛には効果的らしい、
(部屋の風水なんておおむね女性の感心事で、男性はあまり実行しないですよね)
あれは男性にアピールする為のものですかね。

 まぁ、そういう訳で「新しい洋服を購入しようかな〜。」とお考えの奥さま方、少〜し旦那さんにサービスのつもりでピンク色の洋服を選ぶのもアリではないでしょうか?
 ピンク色にもいろいろなカラーがありますので、アナタにぴったりなカラーもきっとあるハズ。
(・・・ウチの母はショッキングピンクの服着てます・・・。)

 そんで夫婦仲良く、お花見にお出掛けください。
 せっかくの「春」がめぐってきたのですから、普段より会話も弾むでしょう。



 震災の影響でイベントの自粛が相次いでいますが、やはり春めいた陽気には気分を高揚させる効果があります。
 春の暖かさが被災地にも届くと良いですね。
 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 19:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

客観視する

 先日、息子とボーイスカウトの「東北地方被災者支援募金」活動に参加してきました。
 ウチの子は親に似て、人見知りの大人しい子どもなんですが(ホントだってば)、
ボーイのお兄さん、お姉さんの掛け声につられて、大きな声(いつもより)で
「お願します」「ありがとうございました」と言えてました。
 本人も非日常的な活動に興奮して、「またやりたい」と言ってました。

 募金活動の前を知らん顔して通り過ぎるのは、なかなか勇気がいりますよね。
 特に目が合うと逃げられないというか・・・
「この間もしたんだけどね」と言いながら募金してくださる人もいました。
 みなさん、どうもありがとうございました。
 私も勉強できました。

 
 さて、「客観的に物事を見る」ってよく聞きますけど、
自分を振り返って行動の見直しや反省をすることってありますか?

 客観的=第三者 と思っているかもしれませんが、実はその客観視する第三者もアナタなので、自分の主観でしか自分をとらえる事ができません。
 つまり、自分で自分を見ているだけなので、アナタの考えや物事の捉え方で自分を反省しているのです。
 だから、モラルの低い人に「反省しなさい」と言っても、
その人は第三者として自分の主観でしか反省できないのであまり反省の効果はないですね。

 「浮気者」に「反省しなさい」だけでは効果薄ってことです。

 だったらどうすればいいのでしょう。
 怒って言葉を投げつけるのではなく、キチンと自分の気持ちを伝えましょう。
「私はこんなにつらい」「私は心配なの」「私はこんな夫婦でいたいの」
 相手の主観に自分の主張を入れて、考え直してもらいましょう。

 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人格を作るもの

 脳科学研究者の「茂木健一郎」先生がテレビで、
人格の2割は両親からの影響を受け、残りの8割は自分と関わった人達の影響を受ける。
と言っておられました。

 それを聞いた時は震災前だったので、人格形成に両親からの影響って思ったより少ないものなんだな〜。と思いました。
(実際、人と話をしてみると、両親の影響を引きずっている人はかなり居るように思います。その人の両親との関わり方でも個人差が出るのでしょうかね。)


 震災後、避難所の人の生活をメディアで見ると、
支援を受けて、沢山の人に感謝しながら、助け合って生活している被災者の方が大勢出てます。
 もし、人格の8割が自分の周りの人の影響を受けるのなら、
東北は今、日本で一番、感謝と助け合いの人格を持った人達がお互いに影響し合いながら、増殖、集中している所と言えますね。
 
 被災地は生活は大変だけれども、心は日本で一番暖かい良い所かもしれません。
 生活には不自由なくても、そんな人との触れ合いに渇望している人は大勢います。

 人格を育てるのに、先生はなかなか居りません。
 また、自分を成長させようとそちらに目が向かなければチャンスも無くします。


 そう考えれば、東北では今、とても素晴らしい事も起きているんですよ。
 ふれあいの心が日本中に影響すればいいのにね。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 12:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

善意が通じない相手

 震災の募金箱を盗む輩がアチコチに出没しております。
 人の善意をどう思っているんだー!!!けしからん!

 とニュースを聞いて、最初はプンプン怒ってましたが、
コンビニなんかに行くと中身丸見えの募金箱が無造作に置いてある。
 善意うんぬんを考えるよりも、目の前にお金が放り出されている(に近い)状況に
心動かされたんだろうな〜・・・。

 募金箱は善意の設置だから、善意の人しか寄ってこないと思ったら大間違いだね。
 貯金箱を置いているつもりにならなきゃいけないね。
 お金はお金だ。

 募金箱を見て、あぁ、沢山の善意が入っているな。と思う人もいれば、
ただ、お金が入っている箱にしか見えない人もいる。
 盗人にも三分の理だ。

 それとは別に善意に漬け込んだ詐欺もあるが、コッチの方が悪質だな。
 わざわざやって来た詐欺師に良かれと思って騙された人の悲しみが大きいもの。
 詐欺師には同情はできないね〜。
 厳罰うんねんよりも、人としての情や情けを教育しなおさないといけないね。


 善意の方向に考えが行っていると、悪意の人への対策を忘れてしまうみたいだ。
 疑う事は悪いことではない。

 「万が一」は結構よくある。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

屁のつっぱり

 世の中が大変な時に、今の自分に何ができるんだろう・・・・・・。

 と多くの人が自問自答していると思います。

 暖かい部屋で、好きなものを好きなだけ食べられる、布団もある、
そしてテレビに映る被災地の状況を眉間にしわをよせて見ているこの自分。
 なにが出来るんだろう?
 どうすればいいんだろう?

 ウチにある布団や毛布を「今」この人に掛けてあげたい。
 米も水も届けてあげたい。・・・・現実に無理なのはわかってます。

 お願いします。
 お願いします。
 お願いします。

 現地ボランティアにいかれる方
 救援物資を運ぶ方
 支援に尽力なさる多くの方々

 どうか私の分までよろしくお願いします。

 人任せで祈ることぐらいしか出来ない自分。
 あぁぁぁ・・・不甲斐ない。
 
 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

私って駄目だな…。

 先日の寝る前の「ありがとう」の効果は、朝息子が結膜炎に罹ってて「あら、あら」と言っている間に忘れてしまってました。
 しかし、落ち着いて考えると嫌だった気持ちは3割以下になっていると感じます。
(効果があったのかどうか?信じるか、信じないかはアナタ次第です!←都市伝説)


 さて、嫌な気持ちと言うと、自分が失敗をした時に
「自分ってなんて駄目なんだろう」とか酷く落ち込んだときも該当しますよね。
「自分はどうしていつも駄目なんだ。」
「あの時もそうだった!」←(今回のこととは関係ないことまで引っ張り出して悩み始める)

 そうなってくると負のスパイラルに落ち込んでなかなか抜け出せないのですが、
悩み方をちょっと変えて、
 「自分にはコレが足りなかったんだ。」
という風にもっていくと前向きに考えることが出来ます。
 「自分にはあとコレが足りないんだな。コレを足せばOK!」
 自分を攻撃する考え方ではなく、解決する方法を考える方向に気持ちを向ければ大丈夫!

 絵を描いていて、明るい色彩が足りない。と思えば明るい色味を足せばいいし、
シチューを作っていて塩が足りなければ塩を足せばいい、それだけのことです。

 アナタ自身を攻撃するのは解決法ではありません。

「今度はコレを足せばいいんだ。」
 解ったんなら次は必ず大丈夫!

 気が付いただけでもアナタは前よりずっと素敵になってますよ。
 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「ありがとう」の効果

 他人さまから嫌〜な感じをうけまして、鬱々とくすぶっております。
 なんとか気持ちを切り替えて、
キレイサッパリ忘れようと雑務に精を出してみたり、
友人に電話を掛けておしゃべりしたりしてみましたが、あと一歩及ばず。
 まだまだ修行が足りませんね。
 
 
 昔「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の著者である、五日市剛さんの講演に行ったことがあります。
 どんなに嫌な出来事が起こっても無理やりでも「ありがとう」と受け止めると、
その後の事態が好転するという、ポジティブな考え方でベストセラーになったお話です。
(読まれた方もいるでしょう)

 思い出したので「ありがとう」と言ってみました。
「ありがとう」は気持ちがささくれていては出てこない言葉で、
言えば本当に気持ちが丸くなるような気がします。
 言葉には「言霊」といって魂が宿るといいますよね。
 今夜は布団の中で念仏のように唱えてみよう。
 明日の朝、このくすぶりが消えていたら「効果がありました」と報告させていただきます。


 さて、ありがとうを言うのはヨシとして、この文章書いていたら
他人に「ありがとう(感謝)」が足りない気がしてきた。
 スーパーのレジの人にも「どうも」じゃなくて「ありがとう」と言いたい。
 でもなかなか言いづらい。(おそらく慣れなんだろうけど)

 上手に「ありがとう」と言うおばあちゃんに会ったりします。
 丁寧にお礼を言われると、コチラがハッピーになります。
 私いつも軽いノリで「ありがとう」ばかり使っているように思います。
 魂のこもった「ありがとう」を明日の朝は息子に言ってみようっと。
 父ちゃんの仏壇にも言っておこうかな。

 受けた人がハッピーになる「ありがとう」の達人もイイよね。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

頭に蓋

  お久しぶりです。
 ここ一か月「嫌で、苦手で、めんどくさい、でも期限があって必ずしなければならない課題2,3コ」から逃げていました。

 するとどうだろう「頭に蓋」でもされたように日常生活が彩りを失っていく、生気もなくなるような・・・・。
 毎日課題が頭から離れず、面白い話にも心から楽しめず、新しい発想も浮かばず、
ブログに書き込みをするにも気持ちがざらついて上手く文がまとまらず止めました。
 先日も初体験のミュージカルに行って、涙流して感動したのですが、
課題を思い出して、みるみる現実に引き戻され、瞬く間に興奮がしぼんでしまいました。(もったいない)
 最近暖かくなって、課題と向きあう気力が出てきたので行動を起こしました。
 あんなに面倒だったものが意外とあっさり解決していきます。早くやっときゃ良かった。

 それにしても「問題の先送り」のネガティブパワーの凄さは強力でした!
 そもそも今年の目標は「スピードと行動」だったのに・・・・。反省。

「砂を噛む」ような日々ってこんなカンジ?かな。
 こんな状態が続いたら気持ちが病気になって当然と思います。
 
 誰かに相談することでポコッと現状から抜け出せることもありますよ。
 解決のヒントを持っていたりする人も結構いるかも?
 一人で悩むより、まわりの人捕まえて相談にのってもらいましょう。 
(なんかのキャンペーンみたい)

 ちなみにオンドリが朝鳴かないようにするには首が伸ばせないように天井を低くするとよいそうです。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
| - | 06:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--